住宅ローンを借りる時は金利にこだわることといえば?

長期ローン、特に住宅ローンを借りる時はほんのわずかな差でも、金利にこだわって下さい。
短期間のローンで有れば、多少の金利差はあまり気にならない金額ですが、30年ローンや35年ローンになりますと、0.1%の違いで最終的な支払い総額が大きな差になります。
人情としては普段付き合っているメインバンクで借りる所ですが、ここはシビアに行きましょう。
将来の生活の事も考えて、老後に少しでも資産を残そうと思うのならば、払う額は少なければ少ないほどいいわけです。
その事を考えると、借金であるローンは少ない方がいいわけです。
他のことはまだしも、お金のことはシビアに考えて行かないと、これからかかる生活費や子供の教育資金や老後を考えると、おのずから答えは出るでしょう。
もし自分で決められないのであれば、ライフプランナーのような専門家に相談して、どこの住宅ローンで借りるのが一番いいのか意見を出してもらい、家族で相談して決めましょう。
専業主婦は住宅ローン審査に通らない?